ちばぎんカードローン

カードローンの詳細はこちらから

千葉銀行 守谷支店の店舗情報

店舗名
千葉銀行 守谷支店(ちばぎんこうもりやしてん)
郵便番号
〒302-0115
住所
茨城県守谷市中央1丁目23番地9
店舗形態
店舗(ATM)
窓口
[平日]09:00〜15:00
ATM
[平日]08:00〜21:00
[土曜]08:00〜21:00
[日曜]08:00〜21:00
[祝日]08:00〜21:00
駐車場
有り
お取り扱い
貿易取扱店|外貨現金取扱店|住宅ローン来店予約受付店|ATM土・日・祝日稼働|ATMにて平日現金振込が可能|音声ガイダンス付ATM|通帳繰越機設置|貸金庫(自動型)設置店|車いす設置店
最寄り駅
関東鉄道常総線 守谷駅より徒歩約2分

千葉銀行で最短融資するなら!

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

詳しい情報はこちら
ちばぎんカードローン

茨城県守谷市の千葉銀行 守谷支店カードローンでお小遣いを融通して貰う折は、取扱店住所に気をつけてください。

WEBからお申し込みが可能となっていますが、千葉銀行 守谷支店で対象とした都道府県で暮らしている方でなければ貸出しは困難だと思います。

貸出しOKな都道府県については、エリアのすべての住所と更には、神奈川県の横浜市に加えて川崎市となっています。

そうした住所で暮らしている方に限らず、茨城県守谷市に就職場所が存在するお客使用できると思います。

取り交わしをスタートする前に絶対に対象とした住所で確かかを把握しておくべきです。

千葉銀行カードローンの審査でしたら、以前より口座を持っているお客はWEB完結でその日の内に貸付けが可能でしょう。

そして、茨城県守谷市周辺に住む主婦やパートタイマー/アルバイトの方だとしてもお申し込みが可能でしょう。

茨城県守谷市の千葉銀行 守谷支店のカードローンの場合は手続き前に10秒クイック診断が使える

千葉県を中心に取り扱いを持つ地方銀行の中では大型の千葉銀行 守谷支店は、都市銀行と同様担保無によるカードローンのプランを用意しています。

実質年利は1.7~14.8%と銀行関連であるからこその利子が安いカードローンでしょうけれど、借入限度額は800万円と巨額の貸付けを勘案するためには無理がある費用なのです。

といわれるものの、無担保ローンにおいては充分な金でありますし、事実それに見合う最大限度額を借りれるお客というのは限定されてくるため、それほど気に留める必要性もないと考えられます。

茨城県守谷市にあるその他の銀行関連と同様審査はシビアでしょうけれど、事実お申し込みする前に10秒クイック診断という手段でお申し込みができるのか把握が可能となっています。

書き込む事は歳、年収額、借り入れ望み金額、他社の借り入れ総額だけで出来、想定されるように10秒で結果が見られるので、手始めにカードローンを望んでいるといったお客はして頂いても損失はありません。

茨城県守谷市の千葉銀行 守谷支店のカードローンの取り交わしの方法はWEB完結

守谷市の千葉銀行カードローンの取り交わしの方法はは、千葉銀行口座を持っているかそうでないのかにより相違してきます。

基本として口座を持っている時に限ってWEB完結の取り交わしがあります。

その取り交わしの方法は、千葉銀行カードローンのネット上から可能になります。

口座をを持っているか持っていないかの選択がございますから、『所有している』をクリックすると申し込みが始まります。

手始めに口座番号など口座に関わる事を記入し、その後カードローン申し込みのウェブサイトへ進みます。

そこで必須項目を記入し登録するわけですが、電話を用いてのお申し込み項目認証が行われます。

その後審査と更には就職場所に在籍確認が実施され、審査に不都合がなければカードローンの契約を締結することが可能なワケです。

そのように認証の連絡がありますけれど、千葉銀行のカードローン取り交わしの方法はWEB完結の方式になります。

千葉銀行のカードローンは低い利息ということで便利

茨城県守谷市でも数多くの店舗がカードローンを用意していますが、そのうちでも 、心配なく利用することができることこそが、銀行関連のカードローンだと思います。

でも、いろいろと審査や手順がにうんざりする感じが有りそうです。

そう言う銀行関連カードローンの中でも、安全な低い利息と更にはネット上のみの手順だけで、来店不要の上手くいけばその日の内に貸付けOKな手軽さを兼ね備えていることこそが千葉銀行のカードローンなのです。

銀行関連であるからこその安全な利子が安いカードローンということで、実質年利1.7%~14.8%になります。

もしも、5万円を一週間借りた際でも、千葉銀行とすれば利率はほんの141円なのです。

そうした費用でしたら、ATMの時間外取扱手数料と比べて低価格になっていて、ずいぶん得になります。

千葉銀行のカードローンはATMを利用する段階ではどれが使用OKだったかに関して

「千葉銀行」のカードローンは多数のお客に取り入れられているプランなのです。

銀行関連という信頼感、スムーズさを持つ貸付けといった点が多数のお客に取り入れられている訳です。

カードローンの取り交わしはネット上からすることが出来ます。

来店不要で24時間体制で受入れている事もあって、タイミングとは無関係に登録するのが可能です。

審査はスムーズ性を持っている事もあって、突発的な状態でも速攻で応じるのが可能です。

利用することができるATMはどれが使用OKだったかと言えば、茨城県守谷市の千葉銀行のATMは当然の事、常陽銀行やfamilymart等を含んだコンビニエンスストアATM、ゆうちょ銀行ATMも使うことができます。

それだけでなく提携のあるATMが多数あるため、普段でも面倒をかけることなく利用することができるようになっています。

千葉銀行カードローンの返済手段に際して

千葉銀行のカードローンの返済手段におきましては、1カ月ごとに一定額の返済となります。

返済料金は貸付け料金に基づいてバラバラで、もしも貸付けの残りの金額が40万円超~50万円以下の場合は返済料金1万円。

千葉銀行カードローン返済額

借入残高 返済額
10万円以下 2,000円
10万円超~20万円以下 4,000円
20万円超~30万円以下 6,000円
30万円超~40万円以下 8,000円
40万円超~50万円以下 10,000円
50万円超~100万円以下 20,000円
100万円超~200万円以下 30,000円
200万円超~300万円以下 40,000円
300万円超~400万円以下 50,000円
400万円超~500万円以下 60,000円
500万円超~600万円以下 70,000円
600万円超~700万円以下 80,000円
700万円超~800万円以下 90,000円

そして返済手段におきましては、千葉銀行の口座から振り替えする手段あるいは、コンビニエンスストアのATMを用いての手段又は、WEBバンキングを使用する返済手段だったり色とりどりです。

このなかより特に使用しやすい手段を選ぶということが可能となっています。

そして、余裕のある時はコンビニエンスストアのATMを活用して余分に返金するというやり方も可能でしょう。

そのように、千葉銀行のカードローンは返済が楽なところに特徴があると言えるのではないでしょうか。

ちばぎんカードローン