ちばぎんカードローン

カードローンの詳細はこちらから

 

千葉銀行 ラパーク千城台の店舗情報

店舗名
千葉銀行 ラパーク千城台(ちばぎんこうらぱーくちしろだい)
郵便番号
〒264-0005
住所
千葉県千葉市若葉区千城台北3丁目21番1号
店舗形態
店外ATM
窓口
ATM
[平日]09:00〜21:00
[土曜]09:00〜21:00
[日曜]09:00〜21:00
[祝日]09:00〜21:00
駐車場
無し
お取り扱い
ATM土・日・祝日稼働|音声ガイダンス付ATM
最寄り駅
千葉都市モノレール2号線 千城台駅より徒歩約2分

千葉銀行で最短融資するなら!

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

詳しい情報はこちら
ちばぎんカードローン

千葉県千葉市若葉区の千葉銀行 ラパーク千城台カードローンで資産を借入する時は、店舗窓口範囲に要注意です。

NETによって取り交わしが可能となっていますが、千葉銀行 ラパーク千城台でその範囲でくらしている人でなかったら借受は出来ないことになっています。

借受が問題なしな範囲と言いますと、埼玉県/東京都/千葉県/茨城県の全区市町村と更に、神奈川県の横浜市と川崎市となっています。

このような範囲でくらしている人ばかりか、千葉県千葉市若葉区に仕事場を持つ人適用できるような仕組みになっています。

申込を始めるまでにきっちりとその範囲が正しいのかを把握しておきましょう。

千葉銀行カードローンの審査のケースは、すでに口座を利用中の人の場合はNET完結でに借金が可能だと言えます。

更には、千葉県千葉市若葉区周辺に住む専業主婦又は派遣社員・アルバイトの人であっても取り交わしが可能だと言えます。

千葉県千葉市若葉区の千葉銀行 ラパーク千城台のカードローンの場合なら申し込みする前に10秒クイック診断活用可能

千葉県を主に取扱のある地方銀行としては大手の千葉銀行 ラパーク千城台は、都市銀行と一緒のようなもので無担保によるカードローンのサービスを準備しています。

実質年利は1.7~14.8%と銀行しかできない低水準の利息なんですが、借入最高額は800万円と高額な借金を考慮に入れる時は難しい資金だと思います。

といわれるものの、担保ナシのローンの中においては結構な費用だと思いますし、現実にそれに見合った可能額を借り入れできる人は限定されてきますので、あんまり不安になる必要もないではないでしょうか。

千葉県千葉市若葉区にあるほかの銀行と一緒のようなもので審査は簡単ではないなんですが、現実に取り交わしするまでに10秒クイック診断と言われている方法で取り交わしができるか検証することが可能となっています。

書き入れる項目は歳、給料、借入れ必要金額、他社の借入合計額だけで良く、文字通り10秒で結果がわかるので、都合上カードローンを想定しているような人は試しておいても損は無いと思います。

千葉県千葉市若葉区の千葉銀行 ラパーク千城台のカードローンの申込のやり方はNET完結

千葉市若葉区の千葉銀行カードローンの申込のやり方はの場合は、千葉銀行口座を持っているかそうでないのかで違ってくるのです。

原則として口座を利用中の時に限りNET完結の申込になるわけです。

その申込のやり方は、千葉銀行カードローンのインターネット上によってとなります。

口座をを利用中のかを利用中でないかの選択肢がございますから、『所有している』をクリックしますと申し込みが開始されます。

第一段階で口座番号など口座に関した項目を書き込みして、少したってからカードローン申し込みのウェブサイトへと移行します。

このタイミングで必要な点を書き込みして申込むことになるのですが、電話を使用した取り交わし点お確かめが実施されます。

少したってから審査と更に仕事場へ在籍確認が実行され、審査がOKならカードローンの契約を締結することが可能なワケです。

こういったようにお確かめの連絡がありますけど、千葉銀行のカードローン申込のやり方はNET完結の形式になります。

千葉銀行のカードローンは低い利子だけのことはあって手軽

千葉県千葉市若葉区でも数多くある組織がカードローンを準備していますが、そんな中、不安もなく使用OKなことが、銀行のカードローンなのじゃないでしょうか。

だとしても、何かと審査や進め方ががややこしい感じが有りそうです。

そう言う銀行カードローンの場合でも、手軽な低い利子と更にインターネット上のみの進め方だけで、来店不要の最も早くてに借金が問題なしなシンプルさをあわせもったことが千葉銀行のカードローンだと思います。

銀行しかできない手軽な低水準の利息だけのことはあって、実質年利1.7%~14.8%になります。

ひとつの例として、8万円を7日間借りてきたとしても、千葉銀行なら利率はたった227円だと思います。

このような資金のケースは、ATMの時間外取扱い手数料なんかよりも安くなっており、だいぶおトクです。

千葉銀行のカードローンはATMを使用するにあたりどれが利用可能かに関して

「千葉銀行」のカードローンは大勢の人から選ばれているサービスだと思います。

銀行と言われている安定性、迅速さのある借金といったポイントが大勢の人に選ばれているサービスです。

カードローンの申込はインターネット上によってできます。

来店不要でいつでも承認している故に、時間に左右されることなく申込むことができます。

審査はスムーズさが準備されている故に、突発的な状態でも直くに対策をとることができます。

使用OKなATMはどれが利用可能かを解説すると、千葉県千葉市若葉区の千葉銀行のATMは当たり前として、横浜銀行やministop等を含んだコンビニエンスストアATM、イオン銀行ATMも使用できます。

それとは別に提携しているATMが多数あるため、日々のなかで手間をかけずに使用OKなようになっています。

千葉銀行カードローンの支払方法に関しまして

千葉銀行のカードローンの支払方法においては、月に既定額の支払となります。

支払額は借金額それぞれで差異があり、ひとつの例として借金残金が40万円超~50万円以下の場合は支払額1万円。

千葉銀行カードローン返済額

借入残高 返済額
10万円以下 2,000円
10万円超~20万円以下 4,000円
20万円超~30万円以下 6,000円
30万円超~40万円以下 8,000円
40万円超~50万円以下 10,000円
50万円超~100万円以下 20,000円
100万円超~200万円以下 30,000円
200万円超~300万円以下 40,000円
300万円超~400万円以下 50,000円
400万円超~500万円以下 60,000円
500万円超~600万円以下 70,000円
600万円超~700万円以下 80,000円
700万円超~800万円以下 90,000円

更には支払方法においては、千葉銀行の預金口座によって引落しする方式と、コンビニエンスストアのATMを使用した方法orNETバンキングを使用した支払方法や様々だということです。

そのなかより1番使い易い方式を選ぶ事が可能となっています。

更には、ゆとりのあるときにはコンビニエンスストアのATMによって余分に返金することも可能だと言えます。

こういったように、千葉銀行のカードローンは返金が行い易い箇所に長所があるといえるのではないでしょうか。

ちばぎんカードローン